Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dミッドタウンスケート場開設

去年も1月5日にも出掛けたのだが

生荒川静香さん

今年もまたある と
情報が入ったので
昨日1月6日に

ミッドタウンへ行って来た。

ミッドタウンの中庭に
今年はシティバンクが出資して
去年と同じようなアイスリンクを作った。

物凄い寒い日だった。
外の廊下の突き出たテラスに
待つこと一時間。

始まりました。
レセプション
今年のゲストは
荒川静香さんと
去年のヴァンクーバーオリンピック男子覇者
エヴァン・ライサチェック

荒川さんは今年は
あのトリノオリンピックのフリーの演技再演!
「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」


ビールマンスピン

青い衣装に身を包み
夢の世界へ引き込んでくれた。

イナバウアー

世界一のイナバウアー
美しい・・・

開脚

最後に開脚
冷たい氷の上で
笑顔・綺麗

おじぎ

エレガントなお辞儀

子供スケート教室

その後は
エヴァン・ライサチェックと
子供スケート教室

ライサチェックと

荒川さんがすべて仕切って
本当に教え方もお上手。
スケート初めての子が滑ってた。

転んだ子に

転んだ子には絶対に手を差し伸べない。
優しく「こうしてご覧」と言う。

荒川さんの美しいオーラに包まれて

もう本当に夢の様な時間だった。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへポチっとね

続きを読む

スポンサーサイト

D小さな街のビストロ

24日はちぇる兄の誕生日。
昨夜ちぇる姉の住む
小さな街の小さなビストロで食事をした。

ちぇる姉が仕事だったので
仕事明けにちぇる姉の推薦の
お店でお祝いの食事。

24日なのでちょっと遅れたけど
平日はみんな忙しいから仕方がない。

zensai
前菜の盛り合わせ。
生ハムとキッシュ。
キッシュが美味しかった。

soup
スープ
私はミネストローネ。
みんなはコーンスープ
共に美味しかった。
chicken
メインの若鳥のロースト
トマトのソースが美味しい。

ちなみに写真は無いが
ちぇるパパはメインを真鯛のポアレに

ちぇる兄は肉魚両方を平らげた。

dessert
デザートは
チョコレートケーキ(今まで食べたチョコケーキの中で一番)
チーズケーキ
ベビーシュークリーム
オレンジのミルフィーユ
の盛り合わせ。
にコーヒー

他にちぇる兄だけアイスクリームがおまけのサービス。

隣の席の人達も
ご家族で誕生日祝いで
両家族の為に
シェフが「ハッピーバースデイ」と歌って下さった。
なんてアットホームなビストロ。

久々に家族が揃って
楽しい夕べになった。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへランキング ポチッとお願いします

D教えたくないけど

写真も無いしネットで調べたけど
HPも無いので
文章だけになってしまうけど、
いつも行くパッケージ屋さんが
お気に入り。

先日もクリスマスリースを作る為
リボン一巻き買いに行っただけなのに
結局あれもこれもと¥5.000ほど買ってしまった。

業務用の(主に食品)パッケージや
袋、箸、紙のランチョンマット等等が
所狭しと並べられている。
浅草や浅草橋に行けばもっと安い所はあるけれど
電車賃やかかる時間を考えたら
こっちの方がいい。

久が原にある 「パッケージプラザ カワタ」 と言うお店。
(トフィーママさんにURL教えていただきました、ありがとう。)
業務用の洗剤や袋、ビニール袋やゴミ袋。
もう直ぐ足りなくなると思ったら
こちらに来て楽しいものも一緒に買って行く。

そこで、全紙の大きさの和紙発見。
安いので買って友人と分けて(多いので)
例のコサージュの新種作りに精を出そうか。

今はクリスマスグッズが揃っている。
とんがり帽子やサンタの衣装もある。

ワイン用の袋等もワインのプレゼントにもいい。
少量も売ってくれるので助かる。
ただし、100個単位のものも有るので
友達と分け合う事おすすめ。

あ、教えちゃった。
ウホホ
あたちがいないとさみしい?

D思いがけずにヨーロッパ

昨日は同じデッサン教室の方の
油絵個展が渋谷で開かれていて
久々に「笑むの会」全員で出掛けた。
元々ハイクラスな絵を描くSさんは
デッサン教室では上手すぎて
我々とはレベルが違っていて
いつも私は彼女の描いたデッサンを見るのを楽しみにしている。
そのSさんの個展は素晴らしかった。
特に人物画が良かった。
劇団「民藝」の役者さんがモデルになった絵が沢山あり
物語が聞こえてくるようだった。


その後、
又違ったプロの画家の水彩画の個展を観に
今度は小田急線の成城学園へと向かった。
成城の街並みを眺めながらぶらぶらと歩いていると
まるでヨーロッパの街に居るような気持ちになった。
どの家も素敵。立派は立派なのだが、
何故か心惹かれるような家が多い。
生垣や昭和3・40年頃の高級住宅を思い起こさせる
懐かしい佇まいの家もまだ点在している。
知的でハイソな街という感じだ。

画廊は通り過ぎてしまうほどの普通の民家の地下にあった。
水彩画の個展で女性の好みそうな絵だった。
それは「綺麗」の一言でしかない。


お腹もすいたのでそこを出てランチでも(本当はそれが目的)と。
画廊のオーナーにいい所を教えていただいた。

「きた山」と言う和食の店。(余り教えたくないが)
建物は明治の洋館の様だ。
やはり人気なのか席は空いておらず
別館へ案内された。
月替わりのお膳があったが
その日が最後だったのでもう終わってしまい
代わりにお弁当を注文した。


お弁当

物凄く美味しかった。
「笑むの会」の忘年会はここに速攻決定。

駅まで行ったら広場に
魔法使いの格好をした子供達が大勢いた。
その日は(10・31)ハロウィーン。
各お店の人達もそのような格好をして
街を挙げてのお祭りのようだ。

お茶に入った「風月堂」では
店頭で子供達にクッキーを配っていて賑やかだった。
そのクッキーは注文したコーヒーと共に私達も頂戴した。
お化けの形のクッキーだった。

モンブラン
ビリケンさんみたいな風月堂のモンブランはMさんが注文。

シュークリーム
私はシュークリーム。向こうはモンブランを割った図。

楽しい一日だった。

Dn レストラン

昨日用事で一人で銀座に行って
さてお昼は何を食べようかと思って
以前行った安くて美味しい御寿司やさんへ向かったが
方向音痴の私はあんな碁盤の目の町でも間違えて
「昭和通り」の看板に驚いた。
いつの間にか歌舞伎座の方に来てしまってた。
それならカレーでも食べるかと
カレー大好きな私は考えた。

そこからすぐのある有名なカレー屋さん
と言えば知る人ぞ知る「nレストラン」

OL時代に入った事があるほど老舗だ。
店内はサラリーマンで満席。
相席にしてもらって
メニューを見ていると
インド人のおじ様が
「これ名物だからこれにしな」とおっしゃったけど
カレーが食べたい私は「キーマカレーにした」

その名物とは
「ムルギーランチ」
他の人はみんなそれを召し上がってる。
とってもおいしそう。

キーマカレーは
爽やかな辛さで美味しい。
少しづつ御飯にかけて混ぜてたら、さっきのおじ様が
「いっぺんに入れて全部混ぜて。もったいないから。」
とおっしゃる。
でもこれ全部混ぜたら辛そうだなあ。
でもしょっちゅう店内を歩き回ってるから
混ぜないと怒られるかなあ。
なんて考えながら食べてたら
途中から胃袋がカ~!ッと熱くなって
焼けてきて(胸焼けではない)
食べられなくなった。それくらい辛かった。
美味しいけど辛い。
水を飲みながら何とか4分の3くらいは食べた。
でもこれ以上食べたらおかしくなりそうなので
お勘定をお願いした。
さっきのおじ様に
カレーを残した事見つからなければいいけど・・・


店内の棚にレトルトカレーなどが積んであり
見ていたら(お客の前なので近づいては見られない)
紅茶があった。
アッサムティーだ。それも一緒に購入して店を出た。
でもずっと胃袋が燃えていた。



紅茶は今朝飲んだら
とても香りが良く美味しかった。
アッサムティー
 ¥1.250 瓶には入ってません

D思いがけず・・・・

昨日はちょっと涼しかった。
で、ちょっと午後から出掛けた。

ちょっと気になる店に入った。

新潟館ネスパス

先ずウインドウ一枚一枚にずらっと飾られている
あらゆる銘柄のお酒の一升瓶に目が止まる。
お酒好きな人にはたまらないでしょう。

なにやら美味しそうな匂いが漂って来た。
新潟産のとうもろこしをそこで焼いて
一本200円で売っているのだ。
おいしそう~!
原宿の道行く人がいすに座ってかぶりついている。
夫は焼きとうもろこしが大好きだけど
まさか買って帰るわけには行かない。
(電車の中で匂うよね)

中ではバザールをやっていて
焼きなすの試食、桃の試食
あら、何か貰ってる人も居る。
なになに?アンケート?
答えると貰えるの?米か、カサブランカ切花、桃 を。
私もアンケート用紙を貰って
ガラガラを回して当たった!(全員何かが当たる)
おいしいコシヒカリ300g(2合強)
うれしい!

他に桃2個と、新潟のお米で出来たお菓子を少し買って帰った。
夕飯は勿論コシヒカリを炊いて。
思いがけずピカピカの銀シャリにありついた。

あの店結構名店と思う。



続きを読む

Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。