Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D初T-シャツ

赤いTシャツ

盛夏の最中は
お散歩で背中が焼けるので
何かを着せた方が犬にはいいと
聞いたことがある。
でも、それだけじゃなくて
他のワンチャンの写真で
かわいい洋服を着た姿を
よく見かけて、
かわいいから真似をしたかった。
だから・・・・
今日ちぇるにおふざけで
真っ赤なTシャツを買って来た。
チョコなので派手なのがいいと思って赤。
着せてみたらキッズサイズの140で
ピッタリだった。かわいい!
でも、着ている間ピーピーと
小さな声が聞こえていた。
しょうがない、いったん脱がす。
お散歩の時間が来た。
その赤いT-シャツを
着やすい様に首を広げてちぇるに近づいた。
一目散で逃げて行った。
スポンサーサイト

D煮干昆布だしラーメン

渋谷デパ地下の「フードショウ」に
行くと、たまにその時でしか
出店していないお店があって
無類の麺好きの私は
うどんの乾麺の店の前で
その透き通ったしなやかなうどんに
釘付けとなる。
勿論購入して、もうとっくに食べてしまったが
その時同時に中華の乾麺も買った。
そして、今日のお昼にそれを使って
ラーメンを作ってみた。
ラーメンは麺もさることながら出汁も命。
それが、大変難しいのは知っている。
鶏がらなどでとってたらそれこそ大変。
簡単な方法を考えた。
こんぶと煮干でラーメンを作るのは今や定番だ。
それで私も昆布と煮干を使い、
それだけじゃお味噌汁の出汁になってしまうので、
以前に使ってみようと思って買ってあった
「ヒガシマルのラーメンスープの素」(粉末)
というのを入れてみた。
そしてお好みの野菜と豚肉で
いつもの野菜炒めを作り
どんぶりににんにく醤油を少し垂らしておいて
スープを入れて、ゆでた麺を入れて
上に、野菜炒めをのせたら
かんたんタンメンの出来上がり!
やっぱり、市販の即席ナマ麺より
麺がサラサラしていて
インスタントラーメンより
しこしこしていて
食べた後に口の中に嫌な味が残らない。
結構グーだった。
あっさりしている、というのが感想かな。
この乾麺またほしい!

D飛びつきちぇる

今日、チェコやオーストリアに
1週間遊びに行っていた夫の妹が
(近所なのだが)家に来てくれた。
このおばちゃまをちぇるは
大大大の大好きで
ピンポンが聞こえた時から
大興奮!
玄関に迎えに行くのは勿論のこと
門まで突っ走って飛び出し
「門が開けられない!」と彼女。
飛びついて門扉は傷だらけ
首輪をつかんでやめさせても
興奮は収まらず、のっけから物凄い歓迎振りだ。
家に入ってもずっと飛びついて
いすに座ってもいすに飛びつき
首や顔をナメナメ。
怒って座らせて一段落。ふう~・・・
旅先で起こったいろいろな話等を
聞いたりしているうちに
落ち着いて床に伏せていた。
ところが
彼女が一番楽しみにしていた
プラハでのオペラを聴きに行く時に
同行した若い女性がお財布を盗まれ
ホテルに戻ったり、盗まれたカードの処理
をしたりして意気消沈してしまった事、
それでもオペラの会場にようやく行ったら
そのオペラが中止だったという話をして
彼女が溜息をついた時、
何を思ったかちぇるがまた
いすに飛び乗って
おばちゃまの顔や首をぺろぺろ舐めだした。

「ちぇるはおばちゃまを慰めているのね」
「ありがとね、ありがとね」
舐めるのをやめたら又伏せて
話が途切れたら又飛びついて舐める。
それを繰り返してたちぇる。
話がわかっていたのか
本当に異常な愛情の示し方だった。
いったい、
この飛びつきをやめさせることはできるのか?
それにしても、彼女の楽しみにしていた
プラハでのオペラの中止は気の毒だ。
ちなみにそれは私も大好きな「椿姫」だったのだ。


Dケーキベスト100を全部!

「いきなり黄金伝説」と言う番組がある。
1ヶ月1万円生活とか、
森三中の村上なんとかという女性が
お料理上手で、それ見て水餃子が
物凄く食べたくなったりした。
あれは結構面白い企画だったが、
今回の「人気ケーキベスト100を
全部食べ尽くす」というのは
観ていて辛いものが有った。
何の為にこんな企画を考えるのか
プロデューサーのセンスを疑う。
第一「もったいない!」
彼ら(南海キャンディーズ)は
ケーキ以外の物は終わるまで
口にしてはいけない。
一日中立て続けにケーキを食べる。
しかも、「今チーズケーキを食べたから
次はいちごショートにしよう」と言う事は出来ない。
100位から、1位までの順番に食べる。
だからチョコのあとにチョコが
続けて出ることもある。
それも一切れじゃない。
大きいままのもわざとある。
いくらケーキが好きな人でも、
あれじゃあ、気持ち悪くなる。
彼らは体は大丈夫なのか?
お笑いタレントが売り出すのは大変だ。
しかも放送は夕食時だ。
甘いもの好きな夫が「消せ」と言った。
「一位が何か観たい」
「後でそれだけ見ろ」「そっか」
「クイズミリオネア」に変えた。
でも、何か知りたい。
クイズの方は東大出身女性弁護士親子の
1000万円を賭けた挑戦だ。
ケーキの一位は?、弁護士親子は?

話がそれた。
美味しいケーキを無駄に食べさせて
なんなんだ!
すごーく美味しそうな高いケーキを
上位の方は最後だから物凄くまずそうに
辛そうに食べるのだ。
そんな事
ケーキ職人さんにも失礼だし
その原料を作っている農家にも失礼だし
ケーキを愛するファンにも失礼だし
人間の体にも失礼だ!
ぷんぷん!

Dちぇる日記更新

頑張って、ちぇる日記を又更新した。
暑いから外に出たくない。
家でパソをいじっているのが平和かな。
パパ待ちちぇる

D遺骨をダイヤに

昨日の新聞にびっくりする記事があった。
肉親が亡くなった時、普通は遺骨を埋葬する。
今は散骨する人も居るが、
話題にはなっているがそんなには居ないだろう。
でも、タイトルに有るように遺骨を
ダイヤモンドにする事ができるというのだ。
「遺骨からダイヤモンドを作るサービスを行う
『ライフジェム・ジャパン』には、
サービスを始めた昨年10月以降、
170件を超える依頼があった。
依頼者の9割が女性。故人の思い出を
指輪やペンダントにして、絶えず身に着けたいと
言う要望が殆んどだ。特に目立つのは、
事故や病気などで、子供を亡くした母親からの
依頼という。・・・・・」(産経新聞)
遺骨や遺灰を2500度から3000度の
高熱で加熱して炭素を取り出してその炭素を
特殊加工してダイヤモンドにするそうだ。
これは人間の事。
私は人間様はやっぱり土に
戻してあげた方がいいと思うが
わんはどう?
ペットにこのサービスを始めてくれたら
私はして貰うかも知れない。
ペットのお墓もいつまでも誰かが
永遠に参ってくれる訳じゃない。
庭に埋めると、将来その家を建て直すとき
可哀想な事になる。
そうなら、アクセサリーとして
大事にすれば親から子へ、子から子へ
ずっと大切にしてもらえそうだ。
ペンダントにして身に着けなくても、
宝物にすれば・・・・
これが実現される日もそう遠くは無いと思う。

Dちぇる日記更新

セラピー訓練の事
ちぇる日記に更新した。
訓練中の写真が殆んど無くて
暑くてへたってる写真ばかりで
報告なんてものじゃない。
面目ない。
ラブちゃんと



ついでに、「これいや」も更新した。

D栃木路

余りお天気は良くなかったけど
久々にちぇると遠出した。
栃木路だ。
本当は前日光高原(まえにっこうこうげん)に行くつもりが
雨で視界が悪く、急遽コースを変えた。
渡良瀬川を登り大間々の高津戸峡に行った。
岩伝いにちぇると登って行って
見下ろすと川の流れが激しくて気持ちが良かった。
それから草木湖の横を通って
足尾銅山の廃坑を見て
公害の恐ろしさと、人々の努力を知る。
少しづつ緑が足尾の山に戻りつつある。
足尾銅山で





それから、日光へ。
中禅寺湖畔のイタリア大使館別荘公園に行って
今は栃木県の博物館となった別荘を見学した。
美しい公園になっていて、
そこからちぇるは中禅寺湖に少し入った。



中禅寺湖で



帰る時、途中例弊使街道という
素晴らしい杉並木を通った。
こういう歴史を感じる街道を
大切に残して欲しいと思う。
東北自動車道へ入る。
佐野のサービスエリアで休憩をしていたら
地震があった。
テレビで震度5とか言っていた。
まあ今日はいろいろな新しい経験をして
いい一日だったのに、
最後に地震なんて、なんて日だろう。


DEB アートに挑戦

挑戦中


タイルを作る技法で絵を描く
EBアートのブローチやペンダントを
見る機会を偶然得たのが
以前宮本三郎の美術館に行った日だった。
これをやってみたいと申し出て
今日それが実現した。
それが中々難しい。
ペンダントと言っても
2cm×3cm程のサイズだ
それに筆で水彩画を描いて行く。
図案を自分で考えるのが先ず難しい。
それを上手く描くのはもっと難しい。
仕方なく一枚はちぇるにした。
あ~もっと上手く描きたかった!
残念!
これらの作品を照射に出して
上薬が掛かった状態(タイルの様)に
出来上がる。楽しみだ。
本当に楽しかった。
教えてくださった芸術家の広瀬先生
有難うございました。
作品達

DCafe Delight

コーヒー

ちぇるが通う病院の隣に
カフェがオープンした。
「Cafe Delight」だ
ここで取り上げるのだから
勿論犬OKだ。
19日にオープンしたのに、私は2度目。
1度目は友達がいっぱい居た。
今日はちぇると2人だけかと思ったら、
隣の病院のドクターがお友達と一緒にいらした。
隣の席に座って、お友達とのお話に
参加させていただいた。

続きを読む

D天然たい肥

そのうち、やろう、やらねば
と思っていて、とうとう今日終わった。
やれやれ、汗かいてダイエットにもなるわ。
家と塀の間に生えた草むしりの事。
先ず数日前に横側そして今日は裏。
裏に関しては
ちぇると庭で遊んでいた夫が
転がったボールを取りに行って初めてそこを見て
「お母さん!(私のこと)裏が花畑になってるよ」
なんて呑気な事をほざいてた。
露草が一面にはびこっていて
薄紫の可憐な花をつけていたのだ。
かわいいけど、蚊の発生の元になるので
やっぱりむしらなければ・・・・
私は以前から飛蚊症という
目の濁りから蚊が飛ぶみたいな斑点が
見える症状に悩まされていたが、
今日裏へ入ったら本物の蚊なのか
飛蚊症なのかわからなくなるくらい
蚊だかハエだか小さな虫が
ビュンビュン飛んで来て
うるさいわい!アースをシューしながら
作業した。すると、
あるところから全く露草がはえていない。
隣の大木(なんの木か)の落ち葉が一面に
覆い尽くしていたのでそこには草が根を下ろせなかったのだ。
それをほうきで掃いていたら、
下のほうは湿気で腐っている。
でもこれってたい肥に似ている。
そうだたい肥になるかも。
枯れた躑躅を引っこ抜いて出来た穴ぼこに
その落ち葉を入れて上から踏みつけて
又土を少しかぶせて・・・
これで天然たい肥になるかな?

D等々力渓谷

等々力渓谷

梅雨が明けた。
暑い暑い夏だ。
海の日でもどこにも行く気がしない。
暑さのせいでダレきってしまっている。
でも、涼しいところならお散歩も出来るかもと
世田谷の等々力渓谷に行って来た。

続きを読む

D酷暑の中セラピー犬トレーニング

へたったよ

ラブラブ団のNPO法人ラブラドールレスキュー主催の
セラピー犬養成講座を受講して来た。
今日は暑かった。
多摩川河川敷に9時半集合だったが
そこまで歩いて行ったところで、
もうハアハアが始まってた。

続きを読む

D昨日のゴーヤ

ゴーヤチャンプル~

昨日作ったゴーヤチャンプルは
お盆で御参りにいらしてた夫の姉が 
「砂糖を入れない」という事で
結局、砂糖なしで、
苦味を取る為
事前にゴーヤをサッとゆでて置いて
具を炒めて味付けをしてから
最後に鰹節をかけて
作ってみた。
美味しかった~
成功!

D絵のモチーフを食べる

野菜達


デッサンで夏野菜を描いた。
私がモチーフ当番だった。
小さなトランクに入れて運んだ野菜達。
その中にゴーヤを入れた。
もう一人の当番Tさんもやっぱり
ゴーヤを持ってらした。
ゴーヤを描くのはむづかしい。
イボイボが有って、やけに反ってる。

摂りあえず、終わったので
それを今日食べようと思う。
今まで、ゴーヤチャンプルに
私は砂糖を入れて少し甘くしていた。
ところがどのレシピを見ても砂糖は入ってない。
多分、沖縄赴任暮らしの経験者だった友人に
貰った知恵だったんだろう。
「お砂糖を入れると苦味が大丈夫よ」って。
だから、ずっと入れていた。
さて、今日はどうしたものか・・・・

続きを読む

Dこれ癒されます

まことに勝手ながら
「これ癒されます」というnewページを
本編に作りました。略して「これいや」
「お空を見ようよ」の次の新作です。
癒されるものを集めようと思います。
全くの主観です。
まだ作り始めたばかりですが。
まあ、楽しんでくださいませ。
これ癒・表紙

D昨日の・・・

un



昨日書いた例の写真撮れた。
頭かくして・・・・


今日もセーフ。
失礼しましたぁ~。

Dうん○スタイル

「あ~、カメラ持って来れば良かった」
と今朝思ったのはちぇるのお散歩の時。
街道の植え込みの中に半分体を突っ込んで
「頭隠してシリ隠さず」の格好で
うんうん・・・・ふんばる。





でも事を終えた後が問題。
そこから、出て来る時にへたすると、
おのがうん○をグチャと後ろ足で×××しまう。
「キャー」とさけぶのは勿論私。
もう一声「おバカ!」とも言ってしまう。
でも今朝はセーフだった。
一度そのふんばりの格好を
カメラに収めたいと思ってる。

D京都路

dogrun

両親のお墓参りも兼ねて
京都へ行って来た。
ここは某有名な名所の公園
朝の6;30頃
NYのセントラルパークのように
ドッグラン状態になっていた。
羨ましい事。
みんなかわいい!
飼い主さん同士も勿論楽しそう。
どこでも同じ光景がある。

スチーム号


今回雨であまりいろいろと
行けなかったが
最後に珍しく梅小路蒸気機関車館に行って来た。
ちびっ子達が目を輝かせて
昔活躍したD51,C52等に乗って
はしゃいでいた。
大人達も一緒に気持ちがハイになる。

D京都の雨

雪舟寺


東福寺の雪舟の庭(雪舟寺)
そぼ降る雨の中
ひっそりと静まりかえって
訪れる人も無く
枯山水、石、木々
すてきだ。
京都の雨もいい。

続きを読む

Dセラピードッグ

info_wall_07.gif

友人から朝メールが入り
「セラピードッグ放送中」とあったので、
多分NHKだろうとテレビをつけた。
日本セラピードッグ協会の大木トオルさんと
彼の愛犬チロルが映ってた。
その後、ピースも出てきた。
この2匹に私は会っている。
映画の試写会会場で
最後に客をお見送りしてくれていた。
映画はココリコの田中さん主演の
「犬と歩けばチロルとタムラ」だ。(3月のブログに既出)
ココリコの田中さんがどうしようもない男で
りょうさん扮する彼女に振られるところから始まる。
彼はコンビニの前で柴犬を拾い
その犬をセラピードッグに育てて
家庭に問題の多かった恋人りょうさんを
結果的に救うというお話。
ここで、準主役はこのピース扮する「たむら」
愛くるしい目で賢いセラピードッグを見事に演じる。
朝のNHKの放送では
大木トオルさんは全てのセラピードッグを
捨て犬にさせているという。
その事がすごいと思う。
千葉にある捨てられた犬を収容する施設に
セラピー犬を探しに行く。
でも、全部は連れて来れない。
沢山の犬の中から選ぶ
その中の1頭黒いラブの雑種らしい子が
初めから大木さんに懐いて離れず甘えていた。
「たすけて」と言うように。
で、やっぱりその子を連れてらした。
あんなに懐いてたら、たとえセラピードッグに向いてなくても
連れてこざるを得ないと思う。
なんか見ていて切なかった。
そのいわば人間のエゴでかわいがられそして捨てられた犬達に
もう一度「犬生」の素晴らしさを味あわせてあげる。
そういう意味もあって、捨て犬を使う事は素晴らしい事と思う。
もう一度やり直そうよ。人間に捨てられたけど、
その人間をセラピードッグとして助けてあげるんだよ。
けなげだね。涙が出る。

Dフルーツ大好きちぇる

20050707213806.jpg

今までグーグー寝ていたと思ったら
私がキッチンに立って
冷蔵庫からフルーツを取り出すと
いつの間にか
ケージの中でチョコンとお座りしているちぇる。
どんなにいびきをかいて熟睡していても
冷蔵庫の音で目が覚める。
仕方ないから、
それも夫の楽しみの一つなのだが
一切れをちぇるにあげる。
満足してまた熟睡する。
毎晩のパターン。

Dロバート・ハインデル氏よ永遠に

スカートをクルリと広げて踊るダンサー
正に踊っているその瞬間をとらえた絵を
描いて有名なロバート・ハインデル氏が
3日にアメリカの自宅で亡くなられた。
去年代官山で
生前親交のあった高円宮様を偲ぶ個展が
開かれて、私は観に行った。
どの作品にも、躍動感あふれる
ダンサーが描かれている。
そしてその絵の人の動きを捕らえる鋭さに圧倒された。
「現代のドガ」と言われたそうだが
ドガはあまり動いているダンサーは無い。

大変な親日家で能を描いた大きな絵があった。
それは美しい能装束で
これまでの「動」は無く
暗いバックの中に光る「静」が描かれていた。
2枚の能の絵は忘れられない。

奥様と個展会場の真ん中に立っていらした。
このときほど「英語が話せたらなあ」と
思ったことは無い。
何かお話がしたかった。
惜しい方が又この世を去られた。

Dどうなってんの?

お気に入りのブーニンの「ベートーベン4大ソナタ」
のCDが「ワルトシュタイン」で飛んじゃって
シュワシュワ言ってたのでつい先日
又同じのを買った。
お値段がものすごく安い。
でも海賊版ではない。
ちゃんと東芝EMI製だ。
ライナーノートも同じで
表紙(?)も同じ。
ちがうのはCDの色が白い
今まで全部メタリックな色だったので
なんか変。
それで、パソコンに入れて
パソコンを打ちながら聴いていた。
初め映像が出る。
幻想的なオーロラのような映像が
音に合わせて形が変わる。
その横にすべてのプログラムが羅列されている
そして演奏者の名前
スタニスラフ・ブーニン
アラ?でも待って
下の方にも書いてある演奏者の名前が
ナ・ナニ?
アーティスト;ダニエル・バレンボイム
な・なんでバレンボイムの名前があるの?
気持ち悪いよ。
今日東芝EMIに電話してみた。
「CDを入れた瞬間にインターネットと繋がって
同じ曲目の他の情報が出てくることがあるんです」
とおっしゃる。
本当かな?それにしても、感じ悪い。
バレンボイムも好きだけど
お互いにいやでしょう。
人のCDに名前が出されたら。

D3333・・・・

昨日野球界、いや、日本全体が
この人の復帰を祝っていたようだ。
ミスター長嶋。
昨日は3日
あ~そうか、3日だから観戦なさったんだ。
わたしのHPも3333
3日で3333
わ~い。
長嶋さん3、3日、キリ番3333
なんか嬉しいな。
bara2.jpg

Dキリ番3333番

キリ番3333番を踏んでくださった方は
ちひろさんでした。
おめでとうございます。
これからも宜しくお願いします。
次のキリ番は5000番です。
ちょっと遠い。cu-hkaki.gif

Dイカ飯

ika.jpg

私が尊敬する黒姫のまーちんさんに教わった
圧力鍋で作るイカ飯をやっと今日作った。
今まで作れなかったのは
家に息子が居なかったのと
居る時にいいイカが買えなかったから。
夫はイカが苦手。
私一人のためには作れない。
それで息子の存在が必要なのだ。
今日渋谷に映画を観に行って
その帰りにFood showに寄って
そこで美味しそうなイカを買って来た。
まーちんさんのレシピをパソコンから掘り出して(笑)
メモって
やっと作る事が出来た。
美味しかった。
柔らかくて味も程好い。
もち米のもちもち感が口に心地よい。
お米にも味が染みていた。
ただ、あの足の吸盤が手の指にくっつくのが苦手。
想い出してもぞっとする。
今まであまり触った事が無かった吸盤。
それも何気なく今日の映画(宇宙戦争)の
宇宙人を思い出す。

D一人のためのコンサート

pianoback.jpg

銀座のYMAHAスタジオで
30分間だけピアノ室を借りて
友人が私だけに聴かせてくれた
彼女のお得意のピアノ演奏を。

続きを読む

Dリフォーム詐欺

相談者がいないお年寄りへの
リフォーム詐欺が多発しているらしい。
実は私も声を掛けられたことがある。
呼び鈴ピンポンされて受話器に
「この辺で工事をするものですが
ご挨拶に伺いました」という。
出てみると工事業者のいでたち。
「向こうの路地を入ったところで工事をしますが
車をここに止めるかもしれませんので
ご挨拶に伺いました」
「はい」
「奥さん、ちょっと外から見たのですが
水漏れてますよ」
「どこ?」
「風呂場そのへんにあります?」
「はい」
「そこの壁が漏れていて崩れてかけてます
仕事上気になったもので、ちょっと見せてください」
って、外の壁を見るために細い塀と壁の間を
どんどん入っていった。
「ここです」
「ああそうなの?」
「ちょっと、家の中見せてください」
「いえ、いいです。うちの方でやりますから」
と言って帰ってもらった。
私も門の中に入れなければ良かったのに
やっぱり気になったものだから・・・・
門の外に出てもらった時はホッとした。
でも、しばらく本当か嘘かわからなかった。
というのも我が家の風呂のタイルが
実際に割れてたから。
夫(一応、一級建築士)に聞くと
「大丈夫」と言うので、そのままにしてあった。
でも、忙しいはずのその人が
家の中を見るというので
「おかしい」と思ってお断りしたのだが
(最初から断りをするつもりだったが)
相談者の居ないお年寄りなら
きっと騙されるだろうと思う。
ちなみに最初に言った工事は
どこを探してもやってなかった。
その何ヵ月後に同じように
「工事をするのでご挨拶に・・・」
とう言うピンポンがあって
「はい」とは答えたが出なかった。
きっとあれも同じような業者だったんだろうな。
その後
我が家のお風呂のタイルは
建てた当初の建設会社のリフォームに
お願いして来てもらい
割れていたのを替えてもらった。

Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。