Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dパパべったり

ケヤキハウスでは
ちぇるは「パパっ子」
パパが居ないと不安で何も出来ない。
パパ達が庭で作業をしていると
papa.jpg
何してるの?
とずっと見守ってる。

papan.jpg
早く遊んで

ある時、
ちぇる姉とお散歩に行こうとしていたちぇる、
ちぇる兄がバタンと閉めた車のドアの音を聞いて
「行かない!」と足を延ばしてイヤイヤポーズ。
「車にパパが乗ってどこかへ行ってしまう」
と思い込んだらしい。
パパはその時庭で作業してたのが
結局お散歩に同行する羽目に・・・・

いくら探しても夫の姿が見えないので
何処へ行ったかと思ったら
急遽お散歩に行ってた。

と言うパパべったりのちぇるの話。

nagete.jpg
パパあそぼ


東京の家では知らん振りしてる事もあるのにね。
スポンサーサイト

D忘れ物

勤労感謝の日・土・日
連休を利用して
ケヤキハウスに行って来たちぇるママ一家だが

後片付け&冬の凍結防止の水抜き等で
アタフタしていて
大きな忘れ物を二つ。

実はちぇるを忘れた

うそうそ!冗談!

携帯を忘れた。
カメラのパソに繋ぐUBSも忘れた。

だから写真がアップ出来ない。

向こうのパソコンにカメラを繋ごうと
ソフトと専用のUBSを持って行き
机の上に置いて来てしまった。

ガクン・・・

携帯は家の中では圏外の為
殆んど使わずにいたので
ついうっかりバッグに入れ忘れた。

バタバタしてる内に
「忘れ物無い?」
と言う声も聞こえず・・・・・



ちぇるはちゃんと後部差席に座ってた。
「あ!ちぇる居た。
忘れられなくて良かったね」

itayo
写真はイメージ

続きを読む

D哀しい事辛い事

ネッ友さんからメールを頂いた。
愛犬を突然亡くされてなんて辛い事だろう。
朝から涙涙。
メールの中のフレーズを想い出して又涙。

また、絵の友人からの℡で知った。
仲間の乳がん再発を。
とても明るいその方は
一度目の手術で治ったから
社会へのお礼と言う意味で
病院でボランティアを始めていたという。
飲みに行くのが大好きで
入院される前に友人が誘ったお店が気に入って
「私又絶対に元気になってこのお店に来るから、又誘って」って
そうおっしゃったそうだ。
どうか又お元気になられる事を願うのみ。
私にはそれしか出来ない。
「絶対に元気になるわよ!」って友人は言ってた。
「そうよそうよ勿論よ!」

なんだか、このところこういう話を良く聞く。
世の中に神様って居なかったっけ?

yuri2.jpg

続きを読む

Dゲージュツの秋

最高に楽しいサイト発見!
しばしゲージュツの秋を楽しんで。

例えば
ベートーベン「テンペスト」


耳が聴こえなくなっていたベートーベンに
嵐のように旋律が生まれて来た。
シェークスピアの最後の戯曲から。




他にもたくさんの曲が入っている。
シンセサイザーっぽい音が気になるけど・・・・
ホントに聴きたければCD買うか
本物の演奏を聴きにいくか。
とりあえずは聴ける。

D通販年末お掃除道具

karcher.jpg

テレビショッピングでお馴染み、
ものすごく押しが強いので
すぐに見入ってしまう。
「○パネット○か○」の通販で有名なこれ↑
「ケルヒャー高圧洗浄機」
前から欲しかったから買った。

東京の家の壁が汚いし、庭のデッキもこけ汚れしてるし
ビューンと水圧で綺麗になるかと思った。


一番すごい水圧のノズルは細くて
キレイにするには時間と水が要る。
でも、やっていれば物凄くキレイになるのは確かだ。

でも尋常の音ではない。
工事現場みたいな音がする。
早朝や夜には絶対に出来ない。
(夜にやる人は居ないけどね)
テレビでは音は出てなかったから判らなかった。

でも気にせずに使っていると
網戸とガラスが物凄くキレイになる事が判明。
後は細部を手で入念にやれば完璧。
他にもいろいろと便利な事が判って来るのか。

デッキのこけ汚れはちょっとやそっとでは落ちそうも無い。
ケルヒャーでやると落ちた所と落ちてない所の差が
模様のようになっておかしいのだ。

やはりデッキブラシが手ごろか。
放って置いたのがいけないのだ。
何とか頑張ってみよう。
手でやるにしてもケルヒャーを使うにしても。
年末のお掃除、楽しんでやりたいね。

ガラス磨いてると
ちぇるが来て
「ママ、何やってんの?」って顔してた。
ケルヒャーを動かすとビックリしてどっかへ飛んでった。
nani.jpg

D今年も買っちゃった!

tibi
今年も来年のチョコラブカレンダー買っちゃった!
だってこのチビチョコの顔!
見たら誰だって欲しくなるよね。
な~んてかわいいんでしょう!

4月
4月9日生まれのところにマークを貼った。
家族みんなの誕生日と
4人の父母とロリーの命日に
シールを貼った。
あ、そうだ、来た日記念日にも貼らなきゃ!

Dゲイノー犬

ーちぇるのひとりごとー

こんなペットも居るんだね。
すごいセレブ犬だよ。

シナモン

でもすごいかわいいなあ。
住んでる世界が違うわ。
でも「ここまで徹底するとちょっと尊敬しちゃう」
ってママが言ってた。
ここのママは最近ワイドショウを賑わしているんだって。
ケーキを作るのが上手な人と結婚するんだって。
美味しいケーキ食べられるんかなあ?
でも、いろいろ見てると
DECOさんのケーキが出てきたよ。
家と一緒だ!
一緒のものもあったよ!
でも、こんなに豪華なケーキじゃないけどね。
07013102.jpg
勝手に使ってごめんなさい

Dちぇる初体験

1
ホームセンターでカートに乗ったちぇる。
夫がどうしてもちぇるを店内に連れて行きたくて
カートに乗せればOKなので
抱っこして乗せた。
本当はラブ他大型犬用の階段があるのだが
そんなもの恐くて乗れない!
家の階段も怖いのにね。

2
訳がわからずキョロキョロ

3
早く買い物終わってよ!

D紅葉狩りpart2

今回の旅は中央高速を使わずに
下の道を使っての旅だった。
津久井から山中湖までの道志道(どうしみち)で行った。
それに大きな荷物があるので
いつものセダンではなく、fancargoと言う
ボックス型の車で行った。
その為ちぇるは一番後ろの狭い所に乗って
おまけに荷物でこちらが見えない。
そして道志道はクネクネ。
だから降りた時機嫌が悪かったか・・・

kusakui.jpg
二十曲峠で「草喰ってやる」と言わんばかりにムシャムシャ
こっちを向いてくれない。
あらら
何撮ってんのよ!
すみませんねえ。

最後の日、それまで雨続きだったのが
やっと晴れたので、紅葉台へ行ってみた。
そこはサバイバルと言うほどのガタガタ道。
後ろのちぇるが心配だったが
車が横転するんじゃ無いかと心配。(し過ぎ)
周りの景色はオレンジ、黄色、赤、緑のトンネルで
最高に綺麗。
でも道はガタガタ。
例えばジープに乗っていて
こういう気分を楽しみたい方には絶対お勧めのコース。
車はドロだらけになったけど。
そして富士山は見えず。

そんなんでちぇるの顔はちょっと曇ってたか・・・
kohan2.jpg
湖畔に行ってみた。
遠くを見てるねえ。

ちぇる楽しかったよね!
パパやママは楽しかったよ。

D紅葉狩りに

もみじがり
ここは忍野の二十曲がり峠

ケヤキハウスに行きがてら
紅葉狩りに行った。
いままで河口湖周りは
紅葉の時に余り来てなかった。

回廊

先ず河口湖のもみじ回廊へ
ちぇるの後ろにずっともみじの回廊が続く。
もみじ回廊



大吉君

黄ラブの大吉君に会った。
とてもハンサムな大柄な子だった。
一緒にツーショット。
ルンルン・・・・

続きを読む

D日曜日の事

osaru

これってお人形。
我が家の最寄の駅にオブジェや光りのアートが出現。
現代アート作家と私鉄支線のコラボ。
各駅に現代アートのオブジェが飾られてる。

obje
ふーん

kawaigari

ちぇるはここでも人気者。
係りのおねえさんにナデナデしてもらった。
「かわいい!」って。
お猿より?エヘ。

D幼馴染

tenjin

柴犬天神君は幼馴染。
2001年2月生まれ。
最近は犬嫌い人嫌いになっちゃって
触らせてもらえなかった。
天神君一家が遠くにお引越しする事になって
昨日ちょっとお宅に寄ったら
天神君機嫌良く出てきてくれて
「天君、ちぇるママ覚えてるでしょ?
ナデナデしてもいい?」って聞いたら
クンクンクンクン私のズボンについてる
ちぇるのにおいを嗅いでたが
尻尾を振って私のほうに近づいてくれた。
「あ~そうなの」って思い切りヨシヨシ出来た。
良かった良かった。
「珍しいね天君」と飼い主さんも驚いてらした。
昔はそんな事無かったが最近は
きむずかしくなっちゃって
普段は人間も寄せ付けない。

ちぇるはその間ずっと見ていた。
うっかり近づくと「ガオ~!」と
怒られるのを知ってるから
決まったスタンスを持って立っている。
でも、ちゃんとお別れできたから良かった。

天神君お空の旅は大丈夫?
生まれてからケージというものに入った事が無いそうな。
今から飼い主さんが心配して
「見送りに来ないでね
天が哀れな格好になるから」って。

ケージに入れられてワンワンタクシーに乗せられて
羽田から山陰へ飛んでいくんだね。
でも少しの辛抱だからね。

元気でね、みんなに可愛がられるんだよ。

tenjin.jpg

続きを読む

D年賀状作成

来年の年賀状裏面のアイデアを作成した。
それは3種類。

①夫の会社関係用(何故か全部私が作る)
②親戚、夫の友人用(これも何故か私が・・・)
③私の友人用

③はいつもちぇるがモデル。
「犬歳」の時は他の方からも犬の写真の入ったのを頂いたが
私はいつも干支には関係なく「ちぇる」

友人だけではなく絵の先生にもそれを出すのだが
新年になってから先生に
「あれは、○○さん(私のこと)のお犬様ですか?」
とか言ってくださるので
(お、覚えてくださってる!)と嬉しい。
ちぇるはそんな事にも役立っているのだ!
ちぇるありがと!
今年のちぇるは年賀状の中で思いっきりの笑顔。
来年も宜しくね!
よろしく
去年使った写真

Dネームタグ

mmm.jpg

「ちぇるちゃんちぇるちゃんおいで!」
「せっかく寝てるのに眠いのに、なあに?」


うれp

「なんですか?」
「これ、かわいいでしょ」


tag.jpg

「はい、付けてあげるね」


nafuda.jpg

「アラ、あたち迷子になんかならなくってよ」



ネッ友さんの
sarajyaさん から教えていただいて
発注していたかわいいタグが届いた。

表にアルファベットで名前
裏は電話番号が入ってる。
シンプルだけどとっても目立つ。

赤とピンクを頼んだ。
赤は裏に私の携帯番号。
ピンクの方は
裏はケヤキハウスの電話番号が入ってる。


どうか落ちて無くならないでね。

DBBQって?

あるテレビ番組(さっきやっていた)で
BBQの料理研究家が(名前は忘れた)
「こういう事も出来ます」と
いろいろとやっていたが、どうも疑問だわ。

先ずフランスパンを切って
にんにくを砕いてそれをフォークで差して
それでバターをパンに塗っていくこれで
丁度いい具合にガーリックトーストが出来る
(これはいいかも)
それを焼いてちぎってサラダに掛けて
シーザーサラダ。(下ごしらえが大変だ)
次に土地の新鮮野生を使って
BBQでチーズフォンヂュ
それが100円ショップの鉄鍋(C国製で危険だわ)を使う。
いろいろな(沢山ある)野菜を切ってアルミフォイルで包んで
網の上に乗せておくとそれで柔らかく茹だる。(そうかなあ)
そのあと市販のフォンヂュ用のチーズを例のなべで
溶かしてつけて食べればおいしい。
その映像がちっともチーズが溶けてなかったのでまずそう。
多分時間が足りないのだろう。
その後メインディッシュは
鶏モモ肉(足つきモモのまま)のタンドリーチキン風。
チャックつきビニール袋に
ヨーグルト、ケチャップ、蜂蜜、ガラムマサラ等の香辛料を入れて
モモを皮にフォークで穴を開けただけで入れて
グチャグチャと混ぜて30分置く。
そして焼く時は網を充分に焼いてから
(とおっしゃるけどコースだからさっきから焼いてますよ)
「ソースを良く落とさないと焦げます」
とゴムベラでこそぎ取る。
皮から焼きましょう。
(上がまだなまなまなのに裏返したらもう焦げてる)
タレで余計に焦げる。
「はいこれで出来上がりです」
(お皿には皮のほうを上にして盛り付けてあるだけ)
コメンテーター「わ!おいしそう!」
私思わずつぶやく「絶対焼けてない!」

主婦何年もやってたら判る。
骨付きモモ肉は皮にフォークで穴を開けたぐらいでは
下からいくら火力が強いとは言え
焼いただけでは中まで絶対に火が通らない。
この人の言う通りにしてたら
初めの準備から全部やっていたら
おなかはぺこぺこ、すべてに時間が掛かって中々出来ずに
みんな「まだ?」って事になって
やっと出来て鶏をかじってみたら中は生焼け
って事になりかねない。

ちょっと意地悪だったかもしれないけど
経験の無い人がこのままやってやはり出来なくて
散々なBBQだったらどう責任とってくれるんだろう?

昔お庭でBBQしましょうと誘われて
子供を連れて始めたら
薄切り肉でも、やはり焼けなくて
子供達がおなかを空かせて困って
「ホットプレート無いの?」
って出してもらってホットプレートで焼いた事がある。

そういう苦い経験から
どうもBBQの難しさが気になる。

何故この番組見てたかって
そりゃあ、美味しい楽しいBBQをやりたいから!

経験者さんイイ方法教えて!

D思いがけずにヨーロッパ

昨日は同じデッサン教室の方の
油絵個展が渋谷で開かれていて
久々に「笑むの会」全員で出掛けた。
元々ハイクラスな絵を描くSさんは
デッサン教室では上手すぎて
我々とはレベルが違っていて
いつも私は彼女の描いたデッサンを見るのを楽しみにしている。
そのSさんの個展は素晴らしかった。
特に人物画が良かった。
劇団「民藝」の役者さんがモデルになった絵が沢山あり
物語が聞こえてくるようだった。


その後、
又違ったプロの画家の水彩画の個展を観に
今度は小田急線の成城学園へと向かった。
成城の街並みを眺めながらぶらぶらと歩いていると
まるでヨーロッパの街に居るような気持ちになった。
どの家も素敵。立派は立派なのだが、
何故か心惹かれるような家が多い。
生垣や昭和3・40年頃の高級住宅を思い起こさせる
懐かしい佇まいの家もまだ点在している。
知的でハイソな街という感じだ。

画廊は通り過ぎてしまうほどの普通の民家の地下にあった。
水彩画の個展で女性の好みそうな絵だった。
それは「綺麗」の一言でしかない。


お腹もすいたのでそこを出てランチでも(本当はそれが目的)と。
画廊のオーナーにいい所を教えていただいた。

「きた山」と言う和食の店。(余り教えたくないが)
建物は明治の洋館の様だ。
やはり人気なのか席は空いておらず
別館へ案内された。
月替わりのお膳があったが
その日が最後だったのでもう終わってしまい
代わりにお弁当を注文した。


お弁当

物凄く美味しかった。
「笑むの会」の忘年会はここに速攻決定。

駅まで行ったら広場に
魔法使いの格好をした子供達が大勢いた。
その日は(10・31)ハロウィーン。
各お店の人達もそのような格好をして
街を挙げてのお祭りのようだ。

お茶に入った「風月堂」では
店頭で子供達にクッキーを配っていて賑やかだった。
そのクッキーは注文したコーヒーと共に私達も頂戴した。
お化けの形のクッキーだった。

モンブラン
ビリケンさんみたいな風月堂のモンブランはMさんが注文。

シュークリーム
私はシュークリーム。向こうはモンブランを割った図。

楽しい一日だった。
Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。