Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D上野の秋

モネ

プーシキン美術館展「プーシキン」
に行って来た。
上野の公園口は異常な混雑振り。
それはおば様達が待ち合わせをしているから。
私はポカをして
1時間も時間を間違え
友人のメールに気が付くのも遅くて
慌てて美術館に行ったら
長蛇の列。
前庭の方まで並んでいて
中もずっと並んでいて
その全員を調べたが
友人達は既に居なかった。
中は携帯電話禁止で繋がらず、
この混雑振りでは会えないと思い
仕方なく、隣の「日展」に行った。
テレビ、新聞、等で報道されたように
ジュディ・オングさんの特選の版画が有名。
人が群がっていた。
凄い力作だ。版画とは頭が下がる。
それよりも感激したのは、
大好きな中西繁画伯が
特選に選ばれてらっしゃった事だ。
横浜のドックの絵。
大きな大きなドックを真正面に描いて
その向こうにベイブリッジがかすかに見える。
画伯は横浜を沢山描いてらっしゃる。
何気ないハマの姿を描いた絵が私は大好きだ。
「日展」を出て、帰ろうかと思ったが、
ふと「もう友人達は『プーシキン』を見終えたかも知れない」と
携帯を何度か鳴らしてみたらやっと繋がった。
会う事が出来て、自分の間違いを謝り、
お茶も飲みながら談笑も出来、
友人から「プーシキン」のチケットを頂いて、
そのあと一人で、また美術館へ入った。
混雑はしていてゆっくりとは見られなかったが
やっぱり名画は力を与えてくれる。
特に良かったのはゴーギャンの
「彼女の名はヴァイルマルティといった」という絵。
色彩の配置に強く惹かれた。
でも、圧巻はやっぱり冒頭のモネの
「白い睡蓮」
沢山の睡蓮の絵のなかで好きな一枚だ。
水の色が済んできれいで
橋の位置が心に安心感を与えてくれている。
緑の色が深くて目が離せなくなる。

上野公園の木々の葉はもう散りかけていた。
反省の日、何よりも友人達と会えて良かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ちぇるママさん目の保養でレベルアップですね。私は絵のことはよく分かりませんが、どんなことも一流のものを見るとイメージトレーニングになって良いですよね。また素敵な写真が楽しみです!!

yuriさん=いつもコメントありがとう。HP頑張ってくださいね。楽しみにしてます。
良い絵を観たからって、ハハハ自分の絵がレベルアップしません。モネ、マチス、ゴーキャン、じゃレベルが違いすぎる。でも、「日展」は山の絵なんかは空の分量とか少しお勉強できるかな?そうそう、「日展」に物凄くかわいい黒ラブちゃんの絵があったんですよ。他の人は通り過ぎてたけど、私だけ釘付けになりました。(笑)色はすこしヒントになったかも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。