Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D毛糸だま

編み物(夫のセーター)始めてから
約半月、今、身頃は終わって
袖を両方いっぺんに編み始めてる。
何故両方って言うと、
片方編んだらもう片方同じ物を編むのが
嫌になるし、
終わった途端に両方のお袖が編めていたら
嬉しいから。
ゲージの狂いによって生じる
右左の長さが違いは着にくさに繋がるから。
後は襟ぐりと仕上げだけ。

先日、蒲田のユ○ワヤへ行って
毛糸と編み物の本を見た。
昔「毛糸だま」という月刊誌が好きで
良く買っていた。
デザインがかわいいので捨てられずに
何冊かは置いてある。
16.7年経った今でも
その当時のセンスの良さには驚かされる。
今でも「毛糸だま」の本は売っている。
今月の月刊誌として・・・・
(季刊誌になっていたか?)
ところが、パラパラとめくったら
ガッカリだ。
春物という事もあるけれど、
いわゆる時代錯誤のモッサリ毛糸物ばかりだ。
いったいあのぴかぴかのセンスは
どこへ行ってしまったの?
理由は分かっている。(書けないが)
ある人物の登場以降そうなった。
それでは、私のライブラリーの
17年前の本からどんどんと
膨らますしかない。

今度は本当の毛糸だまの話。
嬉しかったのは、当時買っていた
同じ毛糸がまだ同じレーベルで
売られていた事だ。
もう殆んど無いだろうと思っていた
カセ(玉になっていない)もあった。
その昔、二人で向き合って一方の人が
両手を広げて毛糸のカセを手に掛けて
もう一方の人がクルクルと毛糸を巻いて
毛糸だまを作る、そんな光景が良く見られた。
カセを買ってゆく人は巻き機でやるのだろうし
機会編みの人が多いと思うので
その毛糸だまを作る二人の光景は
やっぱり今では見られないのだろうな。
以上
二つの「毛糸だま」の話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。