Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dご心配をお掛けしました

皆さん、ご心配をお掛けしました。
沢山のお見舞いや応援のメッセージやメールを
戴きまして
本当に嬉しいです。
有難うございました。
(コメントには全部にお答えできなくて
申し訳ありません。
ここでお礼を書かせていただきます)

ちぇるはちゃんとレントゲンを撮って頂いた結果
まったく骨にも脳にも異常はありませんでした。
少しビッコを引いていた前右足も
今ではもう大丈夫のようです。
でも本犬もショックがあったのか
少し大人しいです。
でも食欲は以前と変わりなくありますし
本当に強運の持ち主だと思います。

事故はおとといの夜
(膀胱炎になってから夜散歩も行っていた)
家を出た所で家の前の道路を
猫がサッと横切った。
それをまたバカちぇるがすぐに追いかけて
私が意識する前にもう飛び出していて
そこに丁度タクシーが来て
出会いがしらにドンとぶつかり
ちぇるは飛ばされた感じに私のほうへ戻って来た。
というか私がリードを引いたので
引き戻された形だ。
今思えばリードが無ければ
完全に轢かれていただろう。
その時ちぇるは声にならない声を発し
私はだぶん物凄い悲鳴をあげたのだろう。
(気が付いたら人がまわりに随分居た)
うずくまるちぇるに覆いかぶさって
ちぇるちゃん、ちぇるちゃんと呼んだ。
始めは完全に死んでしまったと思った。
でも、じっとはしていたけど
ちゃんと生きているのは判った。
ただ怪我の程度はわからない。
ぶつかった車の運転手さんを
私はキット睨んでしまった。
その運転手さんは降りてきて
「大丈夫ですか?」と聞いてくださった。
「わからないです」と私。
「病院へ行きますか連れて行きましょうか?」
「連れて行ってくれます?」
そのタクシーの運転手さんは良い方だったし、
お客さんが乗ってなかったのも幸いだった。
ちぇるの状態がわからないので動かせずに
タクシーに乗せる事が一人では困難だったので
「誰か手伝って乗せてください」と言った。
見たことも無い男性が「じゃあ私が前を持ちます」
と言って下さって、ふたりでちぇるを乗せた。
この方は誰だか今でも判らない(ありがとうございました)
「待ってなさいね」と言ってドアを閉める時
とっても不安そうな悲しそうな顔のちぇるがいた。
このとき初めてちぇるの顔を見た。
走って財布を取りに行って
タクシーに乗り込みいつもの病院へ向かった。
この時ドクターが居るかどうかを確認する事が必要だったけど
気持ちが高ぶって携帯が使えず
先ず行くしかないと思ってしまった。
病院は終わっていたけど
ドクターはいらっしゃった。あ~良かった。
ドクターは歩かせて歩けるので
「命に別状はありません」とおっしゃった。
診察台に乗せたときに
私の体に異変が起きた。
心臓の鼓動が数倍の速さになってしまったのだ。
しばらくいすに座っていたら落ち着いたが
先ず第一関門を通った所で緊張のピークになってしまった様だ。
ドクターはちぇるが右前足をビッコを引くので
足を曲げたりいろいろ触ったりなさったが
折れてないようで今の所どこも異常は見られない
とおっしゃった。
私はちぇるちゃん良かった~と抱きしめた。

ショック予防の注射をして頂き
その夜は一度帰って又翌朝病院へ行く事にした。

診察の間も運転手さんは
ずっと付いていてくださったし
とても心配してくださって保障の心配もしてくださった。
でも、飛び出したのはちぇるが悪いし
こちらの方が迷惑をお掛けしてしまった感じなので
大丈夫ですからと辞退した。
唇を切ってしまったらしくシートを血で汚したので
謝ると「大丈夫です」とおっしゃって、
又私達を乗せて家まで送ってくださった。
本当に良い運転手さんで良かった。
ドクターも在宅中だったし
本当に不幸中の幸いとは行いう事なのだか。

ちぇるが頭を打っていたので
脳が心配でまんじりともしない夜が明けた。

一応朝の散歩もビッコをひきながらも終え
御飯はいつものように完食して器も持ってきた。
何とも無いかも・・・・

車で病院へ行き(いつもは歩いていく)
今度はちゃんとレントゲンを撮って診て頂いた。
ずべての骨がきれいで折れてはいない。
脳も大丈夫。内蔵も大丈夫。
ただ、打ち身でビッコ引くらしい。
炎症止めの注射を打ち薬をもらって帰宅した。

ちぇるは全く大丈夫だった。
全てが終わりボーっとしていたら
ブログ仲間の方から
メールを戴いた。
優しさに触れて
そこから涙が溢れた。
ちぇる、何とも無くて良かった良かった・・・・
そしたらちぇるがそばに来た。
私が泣いてたらちぇるがそばに・・・・
愛しいやつだ。

もうぜったいに猫を追いかけるんじゃないよ!
それから、絶対にリードは離さないからね!

ちぇるにもしもの事があったら
ママは

いったい、どうしたらいいの?


と 考えさせられる事故でした。
皆さん、気をつけましょう。

長い文読んでいただいて有難うございました。
暖かいお心ありがとう。
2006_1115petfood20003.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

復活されて嬉しいです。
車に接触したのだと思っていたのですが
思いっきり車にぶつかってしまったのですね。
ちぇるちゃんもちぇるママさんも
相当なショックだと思います。
私も同じ立場だったら心臓の発作が起きると思う。。
タクシーの運転手さんもいいひとだったし獣医さんも診てくれたし
なによりもちぇるちゃんが無事で
本当に不幸中の幸いでしたね。
早く打ち身と精神的なショックも和らぐといいですね。

ちぇるチャーン!
本当に何事もなくてヨカッタ!!!
車にぶつかった飛ばされるなんて・・・
しかも骨折1つしなかったなんて超幸運e-420
神様がちゃんと見ててくれたんだねe-317
ホントにヨカッタ・・・・e-330

ちぇるたん、ママしゃん昨日はぐっすり眠れましたか?
今回のことを聞いて驚いたけど、奇跡が起きて本当に良かったぁ。
ママしゃんはいつも優しくしてくれるから、こういう時戻ってくるんですね^^
ちぇるたんは食欲があるからすぐ元気になりますよ。
ママしゃんも負けずに美味しいもの食べて元気になって下さいね。
そして辛いのに話して頂いてありがとうございます。
私達も夜道や普段の散歩でも十分気をつけようと思います。

少し元気になったようで、良かったです。
思っていたより、事故が大きかったので、驚きましたが、二人とも大きな怪我がなく、良かったです。
きっと日頃の行いと、ちぇるちゃんの肉体と強運ですね。
ショックは大きいと思いますが、何より元気なことに感謝して、今後みんなで車に注意しましょうね!

ちぇるちゃん、車にぶつかって飛ばされちゃったなんて・・・
本当に無事で良かったです。
ちぇるちゃんもちぇるママさんも相当なショックだったと思います。
沢山食べて、沢山休んで下さいね。
本当に本当にちぇるちゃんが無事で良かった。

よかった、、よかたぁ~^^
ちぇるママもショックで心臓に来たんだネェ~!
僕なら、、もっと取り乱して、、う~ん、、やっばり心臓に来ますネェ~。。。
あぁ!でも、、本当に良かった。

驚きました!
ちぇるちゃんが自動車にぶつかったとは……
足の跛行があるようですが命には別状なしとは良かったです。
不幸中の幸いですね。
あまりの事故にショックと懺悔があったのでしょう、当然です。

実は私も自分の不注意から愛犬に事故を起こさせてしまいました。
同じように車に撥ねられました。
数箇所の外傷がありましたが、内蔵、脳には異常がありませんでした。
不慮とは云え己の過失、不注意から起きた事故!
落ち込みましたー(^_^;

しかし貴方と同じ多くの方に励ましをいただき立ち直りました。
謝々ですね~(^_-)v

どうか今回のことを教訓に、ちぇるちゃんとの共同生活を全うにエンジョイしてくださいな。

大事にならなくて、本当に良かった・・・
ホッとしました。
ワタシも心臓が痛くなった事は今でも思い出すだけでドキドキします。愛犬に何かあったら・・・。長年の経験の中で、最大級のショックだったりして自分自身ビックリしたのでした。
どれだけ愛しているのか、っていう事を改めて認識しますね。ちぇるママさんの心の痛み、すごく解ります。ワタシもチェルちゃんとママさんが無事だった事を感謝します。

大変なことの後だというのに、すぐブログに記して頂いてありがとうございます。
でもちぇるちゃん&まま様おふたり共、お怪我もなくとても安心しました。
ちぇるちゃん&まま様は最近よく神社にも参られていたようですし、きっと神様が見守って下さったのですね。
私自身も、まだ小さいとき、実家で共に暮らしていた柴犬を、散歩中リードを手からうっかり離してしまい、目の前で車にはねられました(しかもひき逃げ)。ドーンというものすごい衝撃音と尋常でない声で「キュキュキュン!」と泣かれ、彼(♂)は一目散で家まで逃げ帰ったのです。私はただただ自責の念&泣きながら彼のあとを追っかけるのがやっとでした。やはり幸いなことに、無傷でその後も具合悪くなることはなく、12年の生涯を終えましたが、今でもそのことははっきりと覚えています。以来、なんだかトラウマになっているようでハンナと散歩していても自分の眼を、「前、横、後ろ」と三方向に神経質に動かし(苦笑)車には注意するようになってしまいました。事故はいきなりやってくる一瞬のこと、誰にでも起こりえる出来事だと痛感しています。
今はまだショックが拭い去れないかもしれませんがどうかちぇるちゃん&まま様、またリこれからリラックスして楽しいお散歩ができますように。

事故に遭ったことは残念なことだけど、相手の方といい、近くに居た方といい、先生もタイミング良く居てくださって、本当にラッキーでしたね。
一番良かったことは、ちぇるママさんにもちぇるちゃんにも怪我がなかったこと(^ ^)。
ほんとに良かった、ホッとしたら涙止まらなくなりますよね。
うんうん、気持ちよく分かります。
落ちついたら、元気な困まり顔の写真、楽しみにしてますよ。

みなさんありがとう!ほんとうにありがとう!v-356v-356
まーちんさんありがとう。ayakoちゃんありがとう。yuriちゃんありがとう。バボビッチありがとう。まっくんママさんありがとう。マイロパパさんありがとう。px3さんお久し振りです、ありがとう。ちひろさんありがとう。ハンナハハさんありがとう。kaoruさんありがとう。
それから、mikiちゃんも、chikoさんも、ちょこママさんも、こまママさんも みんなありがとうございます。
本当にご心配をお掛けしました。以後良く気をつけます。
二人とも元気です。
皆さんの温かいお気持ちで尚いっそう元気になりました。

ちぇるちゃん、ママさん、本当に無事でよかったです!コメント遅くなってごめんなさい。
ずっと気になってました。
ちぇるちゃんが元気でいること、ママさんが元気になったこと。助けてくれた方々がいること。
すべてがちぇるちゃんを助けようと思ったのかも!
私も気をつけます、猫の飛び出しには。。

Dプロフィール

ちぇるママ

Dつなビィ
D最近の記事
D最近のコメント
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。